幸せの素とは

あなたが「幸せだなぁ」と実感したとします。とてもうれしいことですね。
そんなあなたは、何を幸せだと感じているのでしょうか?

例えば、少し無理してブランドのバッグを買ったAさんがいます。Aさんはこのバッグを初めて身につけて外出した時にすごく幸せを感じました。

さて、このAさんの幸せの正体は何でしょう?

実は、幸せは細かく分解できます。この極限まで分解された幸せを「幸せの素」と呼びます。

この場合Aさんが感じた幸せは「注目された」「おしゃれをした」「新しいことに挑戦した」「いい買い物をした」などの幸せの素に分解できます。

あまり意識していない幸せも、実は幸せの素がいくつか掛け合わされてできていることを、そして、その数が多いほど幸せが実感できていることを、まずは理解しましょう

その上で、幸せを実現している人の秘密を教えましょう。

それは、その人たちが、『身近な人と質の良い人間関係を築いている』ということです。

じぶん経営学では、身近な人と質の良い人間関係を築くために必要な「幸せの素」を70近く抽出し、陰陽五行理論に基づいて5つに分類しています。そして、それら幸せの素を幸せだと感じ、5種類のバランスが絶妙に取られている人が、良質な人間関係を築けると仮定しています。

ですから、幸せになりたいあなたは、この「幸せの素」を無意識が求めるよう、脳にコツコツと刻んでいけばいいだけなのです。そして、そのバランスを取る方法を学べばいいだけなのです

2+